/

この記事は会員限定です

改憲勢力拡大、思い様々 参院選を終えて

[有料会員限定]

10日投開票の参院選で、憲法改正に前向きな勢力が初めて衆参両院で「3分の2」を手にした。ただちに手続きが動き始めるわけではないものの、改憲が現実味を帯びる。草の根で憲法に関わってきた人たちからは「護憲の流れを強めたい」「憲法を考える好機」などの声が上がった。

映画監督の松井久子さん(70)は選挙結果について「ある程度予想はしていたが、やはり驚いた」と話す。憲法をテーマにしたドキュメンタリー映画「不...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1386文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン