/

この記事は会員限定です

林業の里、高知・佐川町が発明で振興 デジタル機器で創作支援

[有料会員限定]

住民らが主体的に森林の育成や管理に取り組んでいる高知県佐川町で今春に「さかわ発明ラボ」がオープンした。3Dプリンターやレーザーカッターといったデジタル系ものづくり機器を教育や新しい産業の育成などに生かす。近く発明担当の専門人材の募集も始める。外部の新しい発想を取り込みながら住民参加によるまちづくりが進んでいる。

7月上旬、町役場から歩いて数分の「Bラボ」では日本ではまだ珍しい米国製のコンピューター...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1035文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン