/

この記事は会員限定です

CSS、太陽光発電監視システムを無料開放

[有料会員限定]

自然エネルギー発電所を開発、運営するCSS(札幌市)は、人工知能(AI)を使った発電監視システムを全国の運転事業者に無料で開放する。日射量や発電量などのデータから異常を検知でき、多くのデータを蓄積してAIの解析精度を高める。データをもとに設備の故障を直す有償サービスを提供するほか、太陽光発電量予測の正確性を高めて市場規模の拡大につなげる。

システムは自社で使っているもので、一部の太陽光発電所の運転...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り729文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン