/

この記事は会員限定です

「子供の貧困対策も議論して」 参院選で支援の拡充求める声

[有料会員限定]

親の失業、病気、離婚などが原因で経済的に困窮する子供をどう支えるか。参院選では各党がこぞって教育支援の充実を掲げるが、法律がうたう貧困対策の理念を実現するための財源は十分とは言えない。日々の生活や進学に不安を抱える子供は多く、専門家は「予算の配分を含めて議論を深めるべきだ」と指摘する。

東京都内に住む高校2年の少女(17)は40代の母親、中学1年の弟(13)との3人暮らし。7年前に内縁の夫と離別し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り900文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン