/

この記事は会員限定です

標的型メール、水際対策に限界 不審察知にAI活用急ぐ

[有料会員限定]

JTBから最大679万人分にのぼる顧客情報が流出した可能性があることが先月発覚した。昨年6月の日本年金機構の125万件を超える大規模流出は、犯罪者が日本から個人情報を盗み出す動きが活発になっている実態を映す。明るみに出る被害の大半は攻撃対象を調べ尽くして送りつける標的型メールと呼ぶ手法だ。日本企業はどう対処すればいいのか。

中東の政府系情報機関で数年前まで非友好国に対するサイバー攻撃に携わった元...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1157文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン