2019年6月18日(火)

香川証券、声を聞き取りやすくするシステム導入 窓口に

2016/7/6 6:00
保存
共有
印刷
その他

香川証券(高松市)は5日、耳が聞こえにくくなった高齢者や難聴者との会話を支援する卓上型システムを、中四国の全12店舗に導入した。卓上のマイクで窓口担当者の声を拾い、聞き取りやすい明瞭な音に変換する。安心して窓口を利用できるようにする。

導入したのは音響機器開発のユニバーサル・サウンドデザイン(東京・港)が開発した対話支援システム「コミューン」。香川証券は東京・銀座を除く全店舗にまず1台ずつ設置した。音量を上げるのとは異なり、周囲に会話を聞かれにくい利点がある。

今年4月に障害者差別解消法が施行したこともあり、四国の金融機関では同様のシステム導入が相次いでいる。トモニホールディングス(HD)傘下の徳島銀行のほか、高知銀行がコミューンを配備。同HD傘下の香川銀行は骨伝導タイプの聴音補助器と電子メモパッドを設置している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報