/

この記事は会員限定です

内山刃物、樹脂・ガラス複合材を同時に削れるダイヤ工具

[有料会員限定]

切削工具製造の内山刃物(浜松市、内山文宏社長)は、樹脂とガラスの複合材を同時に削れるダイヤモンド工具を開発した。光産業創成大学院大学(浜松市)などと連携、硬い人工ダイヤをレーザーで複雑な形状に加工する技術で、特許を申請した。

液晶モニターでは表面素材に軽い樹脂と紫外線に強いガラスの複合材の採用が進む可能性があるが、それぞれ性質が違うため1つの工具による加工が難しかった。浜松に集積する光技術を生かし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り784文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン