2018年7月19日(木)

長崎大、新薬候補 早く絞り込み 独自スパコン活用

2016/7/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 長崎大学は独自開発したスーパーコンピューターで、新薬開発と自動運転の実用化に乗り出した。膨大な数の薬の候補物質を絞り込んで創薬を効率化したり、ディープラーニング(深層学習)技術を使った人工知能(AI)で道路情報から高度な運転技術を車に学習させたりする。技術で高齢化社会を下支えし、地域貢献を目指す。

 同大のスパコン「DEGIMA(デジマ)―2」は、浜田剛准教授が開発した。スパコンで最も権威のあるゴ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報