スポーツ用品、アディダスとナイキの2強続く

2016/7/5 8:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

アディダスのライバルは昔も今もナイキだ。主戦場はサッカー用品。アディダスの牙城に対し、ナイキは過去20年余りで猛追した。近年の同部門の売上高は20億ユーロ(約2300億円)規模で競り合い、「競馬で先頭2頭が首の上げ下げで競う展開」(サッカー部門を率いるマルクス・バウマン氏)が続く。

ハイナー氏は「ナイキと我々がさらにマーケティングなどに投資し、消費者をひきつける」と述べ、アシックスら業界3位グル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]