/

この記事は会員限定です

ジュニアNISA誤算 証券各社、てこ入れ懸命

[有料会員限定]

4月に始まった未成年者向けの少額投資非課税制度、いわゆるジュニアNISAが苦戦している。一定の成功を収めたとされる成人向けNISAと比べて滑り出しは極めて低調で、口座数は63分の1だ。株式相場がさえない中でのスタートという不運もあるが、根底には制度の使いにくさと低い認知度がある。危機感を募らせる証券各社からは早くもてこ入れ策が相次いでいる。

「日興で口座を開設すればもれなくプレゼント!」。SMBC...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り986文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン