最悪の結果、政府衝撃 危機管理に課題残す

2016/7/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バングラデシュの首都ダッカでの襲撃事件で日本人7人が死亡したことを受け、日本政府内では2日夜、大きな衝撃が広がった。菅義偉官房長官は首相官邸での記者会見で「残虐非道なテロで罪のない人々の命が奪われ、強い憤りを覚える」と表明した。一方、野党などからは日本政府の危機管理対応を批判する声も上がっている。

菅氏は記者会見で「いかなる理由であれ、テロは決して許せるものではなく、断固として非難する」と語った…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]