クラウドファンディング、商品見返り「購入型」人気
規制緩和、株式型も伸びる

2016/7/4 1:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国発祥のクラウドファンディングが日本で広がり始めたのは2011年の東日本大震災以降だ。当初は寄付型が多かったが、近年注目を集めるのは見返りを期待できる購入型だ。「魅力的な商品を得られ、社会貢献にもつながる購入型は市場拡大が見込める」とJVRはみている。株式を取得できる株式型や融資型も伸びている。株式型は金融庁がVBへリスクマネーを供給することを目的に、15年5月に解禁した。

調査会社の矢野経済…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]