フェリー新造船就航 小笠原海運など、個室増やし快適に

2016/7/1 23:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フェリーの新造船就航が相次いでいる。東海汽船系の小笠原海運(東京・港)は2日、東京港と小笠原諸島を結ぶ航路に新造船を投入。商船三井は2017~18年に子会社が運航するフェリー4隻を順次更新する。個室を増やすなど旅客の快適性を高める。

小笠原海運は約20年ぶりに新造した新「おがさわら丸」の運航を2日から始める。約90億円を投じた新造船の旅客定員は従…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]