2019年9月15日(日)

顧客の経理負担軽く 秋田銀、業務代行を仲介

2016/7/1 7:00
保存
共有
印刷
その他

秋田銀行は1日から経理業務代行のメリービズ(東京・港)と提携し、同行のホームページから手軽に同社のサービスを申し込めるようにする。人口減少が全国一進む秋田県で、顧客企業が経理作業の負担を減らし本業に集中できるよう後押しする。同社との提携は全国地銀で初めて。

メリービズは領収書やレシートを封筒に入れて郵送すれば、会計データにして顧客に届けるサービスを月額2980円で提供している。専門性とセキュリティーの高さが特徴。秋田銀は人手不足や生産性の向上に悩む顧客企業にサービスの利用を積極的に提案する。マイナス金利政策の導入で資金利益の減少が見込まれるなか、メリービズからの紹介料で手数料収入を拡大する狙いもある。

総務省が発表した2015年度国勢調査の抽出速報集計結果によると、秋田県は人口に占める65歳以上の比率が33.5%で全国最高。労働力人口が減るなかで生産性の向上が企業にとって課題となっている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。