任天堂の君島社長、新作「ポケモン」投入効果に自信

2016/6/29 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

任天堂の君島達己社長は29日に京都市での定時株主総会で人気ゲームソフト「ポケットモンスター」の新作投入などによる収益改善に自信を示した。君島社長は岩田聡前社長の急逝を受け昨年9月に就任。業績低迷から脱せず最近1年間で株価が3割程度も下落した。2017年3月に予定する新型ゲーム機「NX」の発売準備を着実に進めていることも強調した。

君島社長は人気キャラクター「マリオ」など任天堂の持つIP(知的財産…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]