東芝、AIでメモリー工場の生産性向上 ムダ分析を短縮

2016/6/29 0:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝は主力の半導体メモリー工場の生産管理にAI(人工知能)による分析システムを取り入れた。深層学習(ディープラーニング)を使い、生産性低下の要因を見つけるための時間を3分の1に減らす。半導体は細かい作業も合わせると工程が2万にも及ぶうえ、回路形成から製品化まで3カ月程度かかるとされる。AIによる生産性向上の余地が大きいと見られており、同様の動きが広がりそうだ。

四日市工場(三重県四日市市)で、投…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]