子宮頸がんワクチン副作用、信州大が研究内容調査へ

2016/6/28 23:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

信州大学は28日までに、子宮頸(けい)がんワクチンの副作用などを研究している厚生労働省研究班代表の池田修一教授(脳神経内科)が発表した研究内容で不正が疑われるとの指摘があったとして、調査に乗り出すことを決めた。予備調査委員会を設置し、外部の有識者を加えた本調査が…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]