/

借り入れ困難な中小にも融資 北陸銀、ファンドに出資

北陸銀行は28日、貸金業トパーズ・キャピタル(東京・千代田)が設立した中小企業支援ファンドと6月1日付で出資契約を結んだと発表した。企業の再生では取引金融機関や経営者と保証人の間で協議が長引き、資金調達が難航する場合も多いという。借り入れが困難な中小企業に対し、柔軟に融資を行うことで、融資先企業の再生や成長を支援する。

同行が出資する「トパーズ・プライベート・デット1号投資事業有限責任組合」は、トパーズ・キャピタルの100%子会社、ティー・シー・パートナーズが運営し、ファンド総額が117億円。政府系ファンドの地域経済活性化支援機構(REVIC)や保険会社、証券会社などが出資している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン