/

この記事は会員限定です

日本企業、戦略練り直し 英EU離脱で関税・為替注視

[有料会員限定]

欧州連合(EU)からの英国の離脱決定を受けて、英国に進出する企業に困惑が広がっている。英国をEU市場への足がかりとしてきた企業にとっては拠点の移転など戦略の練り直しが急務だ。英国を震源とする世界の政治・経済の混乱に対する懸念が高まっている。

日立製作所は英国で2015年秋に鉄道車両工場の操業を開始。20年代前半には原子力発電所1基の稼働を予定する。鉄道車両や原発建設には英当局の許認可が必要となる。EU残留を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1334文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン