アース製薬など、DNAチップで衛生管理 食品工場向け参入

2016/6/25 0:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=京塚環】アース製薬グループと東洋製缶グループホールディングスは、東南アジアの食品工場向けの衛生管理事業に共同で参入する。遺伝子を検査する「DNAチップ」を使い、食品工場でのカビや食中毒菌の発生を防ぐ。まずはタイで9月にもサービスを始める。こうした高水準の管理は東南アでは珍しいといい、まず約1千社の顧客獲得を目指す。 東洋製缶が開発したカビ微生物を検知するDNAチップを使う。食品工場内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]