/

この記事は会員限定です

国分、サムスン系と中国で合弁 工場給食1日7万食

[有料会員限定]

食品卸大手の国分グループ本社は韓国サムスングループの食品子会社や中国の官営農業会社と、中国で業務用卸の合弁会社を設立する。工場やオフィス向けの給食事業者や外食店に食材を供給する。国分が持つ低温物流のノウハウと合弁先の調達力や販売網を生かし、上海を中心に事業を拡大。2020年に158億円の売上高を目指す。

7月をめどにシャンハイウェルストーリーフードを設立する。資本金は約4億6千万円。サムスングルー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り461文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン