/

この記事は会員限定です

病児保育、施設増へ財政支援 送迎費も助成へ

[有料会員限定]

内閣府と厚生労働省は、病気になった子供を一時的に預かる病児保育をテコ入れする。施設の増加を目指し、今年度から建設コストの9割までを国と地方自治体で賄う財政支援策を導入。共働き夫婦など利用者の使い勝手を高めるため、児童の送迎費も助成する。病院や保育所に併設しやすくするなど子育ての環境を整え、仕事と育児の両立を図る。

病児保育は、発熱や発疹など軽い症状の子供を預かってもらえる。保育所で熱を出すと、親が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り646文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン