積水ハウス、長期滞在型ホテル参入 外国人富裕層狙う

2016/6/22 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

積水ハウスは数週間から数カ月滞在できる中長期型滞在ホテル「サービスアパートメント」の開発に参入する。シンガポールの不動産大手と組み、2020年春に東京・赤坂に地上22階建ての高級物件を開業する。総事業費は250億円程度とみられ、東京五輪で来日する外国人富裕層らを取り込む。

家具や家電製品は備え付け、毎日の清掃やリネン交換にも対応するサービスアパートメントは三井不動産をはじめ大手不動産も手掛けてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]