中部の小売り、消費増税先送りで計画修正続々

2016/6/22 8:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部の百貨店、スーパーが年度計画の軌道修正を迫られている。消費税の10%への引き上げが2019年10月に再延期され、当初予定されていた来年4月を前にした駆け込み需要が見込めなくなったためだ。消費の先行きについても「今後の影響を見極めたい」と慎重な見方が目立つ。

ユニーはカード会員向けに比較的高額な商品のセールを計画していたが、「実施するかどうかは未定」。名鉄百貨店も増税前の駆け込み需要で来年2、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]