/

三井物産社長「コスト減徹底」 株主総会

三井物産は21日、東京都内のホテルで定時株主総会を開いた。2016年3月期は資源安を背景にした減損損失で戦後初の最終赤字となった。安永竜夫社長は「資源・エネルギー分野を中心に多額の減損損失を出したことを重く受け止め、コスト削減と投資規律の徹底を通じて収益力の底上げを目指す」と述べた。

16年3月期は連結最終損益(国際会計基準)が834億円の赤字(前の期は3064億円の黒字)だった。資源分野を中心に減損損失3500億円を計上。安永社長は「市況回復には時間がかかる。市況の直接の影響が少ない安定収益型事業の強化を着実に進める」と語った。前期の配当は年64円と前の期並みに据え置いたが、17年3月期は前期比14円減の50円を見込んでいる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン