/

この記事は会員限定です

英米政治が揺さぶる市場(一目均衡)

[有料会員限定]

「今、こんな事件が英国で起きたら流れは一気に『離脱』でしょうね」。ロンドンの知己からメールが届いたのは、約1週間前だった。米国のナイトクラブで過激派組織「イスラム国」(IS)に忠誠を誓う男が銃を乱射するという事件の直後だ。米大統領選の候補指名が確定している共和党のトランプ氏は、事件を受けて移民の受け入れ停止を訴えた。

欧州連合(EU)にとどまるべきか否かを問う英国の国民投票でも、焦点の一つは移民だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り951文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン