/

この記事は会員限定です

富士電機、中国の拠点数3倍に 自販機保守サービス

[有料会員限定]

富士電機は2018年度までに、中国で飲料の自動販売機の保守サービス拠点を3倍の100カ所に増やす。中国では福利厚生の一環でオフィスや工場に自販機を設置する企業が増え、人件費の上昇で飲料の販売コストを抑えたいニーズも広がっている。現地に新工場を建設するのと並行してサービスや開発の体制を拡充し、成長する飲料市場を取り込む。

約30カ所ある保守サービス拠点を中国全土で100カ所に増やす。自販機の不具合に素早く対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り222文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン