/

この記事は会員限定です

北海道で海外富裕層向け滞在型リゾート 森トラスト系

[有料会員限定]

森トラスト系の投資会社が北海道苫小牧市で大規模なリゾート開発を始める。総事業費600億円でホテルやコテージが中心のリゾート施設を建設し、2020年の部分開業を目指す。医療施設のほか、1千平方メートル規模の大型コテージを備え、海外の富裕層が北海道に1週間程度、滞在するような需要を取り込む。国内は海外の富裕層の需要に応える超高級施設が不足していると判断した。

森トラストの森章社長が個人で全額出資し、会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り743文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン