鹿児島・長島町に地域資源で新エネ会社

2016/6/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鹿児島県長島町は町内で出る豚・鶏・牛のフンなどのバイオマス(生物資源)をエネルギーとして有効活用する。そのための新会社を関係者が月内をメドに設立する。年間で数億円程度の資源を地域で循環させ、フンのニオイ軽減など環境改善にもつなげる。豚や鶏のフンを使うバイオガス発電は九州でも事例が少ないといい、地方創生の目玉として取り組む。

地域エネルギー会社「長島大陸エネルギー」の発起人会を21日に開く。資本金…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]