/

この記事は会員限定です

日清食品HD、中国・香港に新工場 分社・上場も検討

[有料会員限定]

日清食品ホールディングス(HD)は年内に中国・浙江省と香港にカップ麺と袋麺の工場を新設する。ブランド力を高めるために中国・香港事業を分社し、香港株式市場に上場することも検討する。強みを持つ縦型カップ麺の供給力を強化することなどで中国でのシェアを拡大し、上位のサンヨー食品に対抗する。

同社は2020年度までに1500億円の設備投資を国内外で実施する。中国と香港での工場新設もその一環。2工場の新設は100億円弱の投資額となる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン