空きトイレ、スマホで確認 神戸デジタル・ラボ

2016/6/16 6:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

システム開発を手掛ける神戸デジタル・ラボ(神戸市)は、スマートフォン(スマホ)やパソコンから個室トイレの空き状況を確認できるシステムを開発した。あらゆるモノがインターネットにつながる「インターネット・オブ・シングス(IoT)」の技術を活用。オフィスビルだけでなく公共施設のトイレへの導入を見込む。

6月から同社が入居するオフィスビルの1フロアで実証実験を始めた。今秋のサービス開始を目指す。

個室ト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]