/

この記事は会員限定です

AI活用しロボ故障予測 安川電機、日本IBMと

[有料会員限定]

安川電機は日本IBMと組み、AI(人工知能)を活用してロボットの故障を未然に防ぐシステムを来年中にも実用化する。ロボットの稼働データをもとに故障時期を高い精度で予測し、突然の生産ラインの停止を大幅に減らせるようにする。主要顧客である自動車工場向けに普及を目指す。

実用化する「安川故障予測システム」はロボットに内蔵しているセンサーなどを通じ、モーターの連続稼働時間や電流の波形、室温といったデータを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り338文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン