/

町営塾の資金、クラウドファンディングで 岡山・和気町

岡山県和気町は町営の無料塾「公営塾」の運営費用確保策として、インターネットを通じて小口の資金を集める「クラウドファンディング」を活用する。目標金額は500万円で、7月18日まで募集。目標に到達しない場合でも計画は実施する。ふるさと納税関連のサイト「ふるさとチョイス」から申し込める。

ふるさと納税の一種で、自治体が使い道を詳細に決めて募集する「ガバメントクラウドファンディング」の仕組みを利用する。ふるさと納税と同様に税控除を受けられるほか、金額に応じたお礼の品も届く。

和気町は4月から地元の中学生約360人を対象に、地域おこし協力隊員や大学生などが教える無料の塾を運営している。獲得した運営費のうち、今年度に使わなかった資金で教育基金を設立する。町が将来、財政難になっても町営の塾を維持できるようにする。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン