/

タイLCCに進出 免税店大手の経営者一族、親会社株40%取得

【バンコク=小谷洋司】タイ免税店大手キングパワーのオーナー経営者一族が航空業界に進出する。13日、タイ格安航空会社(LCC)最大手タイ・エアアジアの親会社、アジア・アビエーションの発行済み株式の約40%を約79億バーツ(約240億円)で取得した。免税店事業との相乗効果を見込むとみられる。

キングパワーのヴィチャイ・シーワタナプラパー会長は、サッカーのイングランド・プレミアリーグを制したレスター・シティのオーナーとしても知られる富豪だ。残りのアジア・アビエーション株についてもTOB(株式公開買い付け)を実施する見通しだ。

14日にヴィチャイ会長らが記者会見して株式取得の狙いを説明する。

タイ・エアアジアの株主はアジア・アビエーション(出資比率55%)とマレーシアのLCC大手エアアジア(同45%)。タイ・エアアジアは実質的にシーワタナプラパー一族とエアアジアの共同事業となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン