2019年1月16日(水)

フィリピン、ゲーム・アニメ受託拠点へ
マイクロソフトやディズニー向け

2016/6/14 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

フィリピンでゲームやアニメの受託制作市場が立ち上がる。現地のシナジー88グループは米マイクロソフトの新作ゲームを手掛け、トゥーンシティは米ウォルト・ディズニーのアニメ制作を担う。デジタル技術の応用範囲が広がりコンテンツ制作の費用は膨らむ一方。フィリピン企業は人件費の安さに加え、英語力の強みを生かして欧米企業の細かな要求にも対応。ゲーム・アニメ制作の「黒子」として国際分業時代のけん引役を目指す。

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報