2019年8月25日(日)

国産豚肉の卸値、1年4カ月ぶり高値 中元向け需要増加

2016/6/10 23:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国産豚肉の卸値が高値となっている。東京食肉市場の指標となる生体上物の加重平均卸値は6月上旬時点で1キロ700円台と、1年4カ月ぶりの水準に上昇した。5月中旬からの上げ幅は2割に達した。供給がやや減った半面、気温の上昇に伴い焼き肉や中元用の加工原料需要が増えたためだ。和牛の品薄で牛肉の小売価格が高いため消費が豚肉に移った面もある。

豚肉の東京市場の卸値は6月第2週に一時1キロ719円に上昇。5月下…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。