/

gumiの16年4月期、最終赤字32億円

スマートフォン(スマホ)向けゲームのgumiが10日発表した2016年4月期の連結決算は、最終損益が32億円の赤字(前の期は1億9100万円の黒字)だった。売り上げが振るわなかったうえ、不振の海外事業の一部撤退や縮小などに伴い、約12億円の特別損失を計上した。投資有価証券評価損の増加なども重荷となった。

売上高は前の期比22%減の214億円。主力ゲーム「ブレイブ フロンティア」の国内外での利用者数の減少で課金収入が落ち込んだ。

17年4月期の業績予想は開示していない。国光宏尚社長は、新作ゲームの利用者増加や海外事業の見直しの効果などで「黒字化を目指したい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン