AI人材「数万人規模で不足」 専門家指摘

2016/6/10 0:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)の技術開発を担う人材は世界的に不足している。急速な実用化のスピードに、大学や研究所での人材育成が追いつかず、企業のニーズに十分応えられていない。AI研究を手掛ける東京大学の松尾豊准教授は「肌感覚では世界で数万人規模で足りない」と指摘する。

AIに関連する技術は多様だ。プログラミング言語や数学に加え、アプリケーション(応用ソフト)を生み出す企画力が問われる。

松尾准教授は「ディープ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]