長野県、松本空港に国際線ターミナルビル整備

2016/6/10 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野県が管理する松本空港に関する今後10年間の県の取り組み方針案が9日、明らかになった。国内路線の拡充を目指すが、訪日外国人客(インバウンド)の誘致が大きな柱だ。2021年度までに国際線ターミナルビルを整備。着陸料の減免を通じて国際線の定期便の就航や国際チャーター便の増加を狙う。空港と県内各地を結ぶ二次交通を充実させ、県内全域の観光振興につなげる狙いだ。

方針案の期間は16年度~25年度の10年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]