コネ依存の成長に限界 香港・新世界発展

2016/6/9 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新世界発展グループを率いる鄭家純氏は中国の政策助言機関、全国政治協商会議(政協)の常務委員を務め、親中派として知られる。業容拡大は中国本土や香港で築き上げたその人脈によるところが大きい。だが、コネに依存したビジネスモデルは限界に差し掛かる。

香港映画のスーパースター、ブルース・リーなどの銅像が並ぶ人気観光スポットの再開発計画が時代の変化を映し出す。昨年、新世界発展が提案した計画案。競争入札なしで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]