香港・新世界発展、多角化手探り カジノ参入
宝飾品・不動産低迷で

2016/6/9 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

香港を代表する古参の大手財閥、新世界発展が逆風にさらされている。主力の宝飾品販売や不動産開発は商品力の低下や中国本土での経済減速を受けて低迷。中国共産党指導部との良好な関係をテコに成長を遂げるモデルも、中国自体が経済力をつけるなかで限界が透ける。航空機リースやオーストラリアでのカジノリゾートといった新規事業を立ち上げ、収益源の多角化を探るが、道は平たんではない。

香港中心部。新世界発展グループの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]