中元で地元産品 松坂屋は茶園オーナー、伊勢丹・遠鉄はウナギ

2016/6/9 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

県内百貨店で夏の中元商戦が本格化している。8日、松坂屋静岡店に続き、静岡伊勢丹(ともに静岡市)の催事売り場で中元商品の取り扱いが始まった。今年は各百貨店ともウナギや茶など県内産品の取り扱いを拡大。県外向けに地元の味を伝えたい需要を取り込む。県内の個人消費が伸び悩むなか、堅調な贈り物商戦で販売の底上げを目指す。

静岡伊勢丹では静岡限定の「うまいら静岡」のカタログ掲載商品を150品と、前年から2割ほ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]