/

この記事は会員限定です

サイバー防御を事前演習 NECなど販売、察知力高める

[有料会員限定]

NECなどが日本で急増するサイバー攻撃への対処を事前に演習するシステムやサービスの販売に乗り出す。攻撃側の手口が大規模かつ巧妙になっており、日本の企業や自治体は従来の防御策では重要な情報が守れない恐れがある。防衛産業が標的となる例も増えており、実戦的な演習でサイバー攻撃の察知力を高め被害を食い止める点を訴求する。

NECは米防衛大手のノースロップ・グラマンが開発したサイバー演習システムの国内販売...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り795文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン