iPS治療再開、関西4機関が連携、再生医療産業育成に弾み

2016/6/7 6:00
保存
共有
印刷
その他

京都大学と大阪大学、神戸市立医療センター、理化学研究所は6日、神戸市で共同記者会見を開き、iPS細胞を使った臨床研究を2017年前半にも再開すると発表した。関西地域でiPS細胞を手掛ける4つの大学や研究機関などが連携して患者への治療応用を加速する。再生医療をテコに関西における健康・医療産業の育成に弾みが付きそうだ。

臨床研究は目の難病である加齢黄斑変性の患者が対象で、4つの機関が役割を分担して進…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]