2019年7月20日(土)

レタス収穫ロボ開発へ、信州大など産官学

2016/6/7 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

信州大学や農機製造の片倉機器工業(松本市)は、レタスの自動収穫ロボットを開発する。秋にも長野県、長崎県と共同で試作機による実証実験を始め、2018年度の実用化を目指す。収穫にかかる時間を手作業の約3分の1に短縮し、農家の人手不足に対応する。農機大手のヤンマー(大阪市)が販売に協力し、まず3年間で約7億円の売り上げを目指す。

5月25日付で信州大学を代表機関とし、長野県や長崎県、片倉機器工業など産…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。