川崎のヘイトデモ中止 主催側と反対側もみ合い

2016/6/5 23:32
保存
共有
印刷
その他

ヘイトスピーチ対策法が施行されて最初の日曜日の5日、在日コリアンへの差別的言動を繰り返していた団体が川崎市中原区で計画したデモが、反対のため集まった数百人ともみ合いになり、中止となった。

デモの集合場所だった中原区の公園周辺には開始予定時刻の前から反対する人々が集まり始め、団体側を取り囲んだ。道をふさごうと座り込む人や寝転ぶ人もおり、神奈川県警がデモをやるのかどうか改めて確認。正午前、団体側が現場で県警に中止を告げた。

警察当局によると、活動の中止を求めて集まったのは約600人で、団体側は約20人だった。

川崎市の在日3世、崔江以子さん(42)は「解散してくれてよかった。対立関係を超えて話し合いたい」と語った。デモ主催者の市内在住の男性は「なぜ自分たちばかりが言うことを聞かなければいけないのか。納得いかない」と述べた。

県警によると、デモは公園周辺の道路で午前11時半~午後0時半、10~50人が行進する計画だった。「日本浄化」を目的とし、主催男性が1日、中原署に道路使用許可を申請した。県警は「要件を満たしている」と許可した。

中原区の集合場所は、在日コリアンの多い川崎区桜本地区から約8キロ離れている。

市は5月の対策法成立を受け、団体側に川崎区の公園2カ所の使用不許可を決定。横浜地裁川崎支部も今月2日、「人格権の侵害で、集会や表現の自由の範囲外」として一定範囲のデモ禁止を命じる仮処分を決定した。

警察庁は3日、対策法施行を受け、違法行為を厳正に対処するよう、全国の警察本部に通達。名誉毀損や暴行、道交法違反などの罪に当たる行為を確認した場合、現行犯で取り締まることを想定している。〔共同〕

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]