パンの歯応え、音で測る技術開発 岐阜大

2016/6/5 23:48
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

岐阜大学の西津貴久教授は、音を使ってパンの歯応えを測定する技術を開発した。一定の音をパンに当て、パンを通過した後の音の高さの変化を測定する。

パンのおいしさは、味や香りのほか、「サクサク」「もっちり」などの食感によって大きく左右される。食感はこれまで、実際に食べてみる官能検査で判断していた。

だが人の感覚に頼る評価は食べる人に依存し客観的な指標にはなりにくい。食感を数値で客観的に表せば、効率的に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]