/

この記事は会員限定です

パンの歯応え、音で測る技術開発 岐阜大

[有料会員限定]

岐阜大学の西津貴久教授は、音を使ってパンの歯応えを測定する技術を開発した。一定の音をパンに当て、パンを通過した後の音の高さの変化を測定する。

パンのおいしさは、味や香りのほか、「サクサク」「もっちり」などの食感によって大きく左右される。食感はこれまで、実際に食べてみる官能検査で判断していた。

だが人の感覚に頼る評価は食べる人に依存し客観的な指標にはなりにくい。食感を数値で客観的に表せば、効率的に新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り215文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン