/

この記事は会員限定です

石油元売り、損益改善へ 17年3月期、原油価格持ち直し寄与

[有料会員限定]

低迷していた原油の国際価格が上昇基調に転じ、国内の石油元売り各社の損益改善に寄与しそうだ。足元の原油価格は大手5社の想定を上回っており、在庫の評価損益や資源開発分野の採算改善につながる。最大手のJXホールディングスは2017年3月期の評価益が当初計画より300億円以上、増えそうだ。

指標とするドバイ原油は直近で1バレル46ドル前後と、各社が設けた通期の想定価格を上回っている。例えば昭和シェル石油は同30ドル、JXなど3社は同40ド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン