イオン、総菜特化の小型店 2年で10店 まず東海で

2016/6/3 0:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

イオンは持ち帰り総菜に特化した新しい小型店の運営を始める。売り場面積は200平方メートル前後とし、まず東海地方の都市部で2年ほどかけて約10店の出店を目指す。単身世帯や共働き世帯の増加で、総菜や弁当などの「中食」需要は強まっている。立ち寄りやすい小型店の出店でコンビニエンスストアに対抗する。

新業態名は「DELACO(デラコ)」。総合スーパー(GMS)を手掛けるイオンリテールが6日、名古屋市の中…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]