日立、台湾で鉄道建設を一括受注 500億円見通し

2016/6/2 0:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立製作所は1日、2018年度を最終年とする3カ年計画の事業別目標を発表した。成長をけん引するのは鉄道システム事業で、売上高を15年度比8割増の6400億円まで引き上げる。鉄道事業責任者のアリステア・ドーマー執行役専務は同日、台湾で鉄道建設を一括受注する見通しだと述べた。受注額は推定で500億円規模で、23年の完成をめざす。

日立の15年度の鉄道事業の売上高は3500億円。イタリアの鉄道車両・信…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]